カラコン 外気から守る

例えば、素肌でいるよりも

ファンデーションをつけたほうが 肌に良いといいます。

もちろん 一日の終わりに しっかりクレンジングすることを前提とはしていますが

ファンデーションをつけることで

外気から肌を守る効果があります。
外気には ホコリや車などから排出される排気ガス

目に見えない汚れが 直接 肌に触れることから

ファンデーションをつけているほうが肌に良いといわれています。
カラコンに関しても同様の事がいえると思います。

ファンデーション同様、

一日の終わりに 洗浄をすることや

着用時間を守ることが前提ですが

裸眼でいるよりも

目を守ってくれるケースも期待できます。
適切な使用方法を守れば

外気からの汚染の影響を軽減できる期待もあります。

クラブ・イベント用カラコンはコチラ
CirCleのスタッフ

ウェブ業界が今安い!ホームページ制作やSEO対策が格安で?

ウェブ業界が今安い!ホームページ制作やSEO対策が格安で?
そんな事を今日は書いてみます。

ウェブの業界は正直価格が適正なのかの判別が難しい世界。
なぜなら技術などによって価格が決まる事が多いからだ。

今回はホームページ制作とSEO対策が格安にできる企業をピックアップしていこう。
今回はこちらの企業をご紹介する。
ホームページ制作が初期費用0円で?こちらを見ていただきたい。
最近始まったサービスの様だが、初期費用0円で毎月のランニングコストだけで良質なホームページが運営出来てしまう。
しっかりと売上げを考えつつ運営ができるのでかえってランニングコストがかかるのは良いかもしれない。
次にSEO対策だ。SEO対策も企業によって金額のばらつきがかなりある。
先ほどご紹介したこの企業の場合、SEO対策も初期費用が0円だというのだ。
一体どういう仕組みなのか。
初期費用0円で完全成功報酬型だそうだ。
つまり検索順位で上位表示されない限りはタダだという事だ。
サイト制作してSEO対策やって初期費用0円とはなかなか勇気のある企業だと感じた。

検討してみてもいいと思う。

「神に捧げるティーンエイジ・シ

「神に捧げるティーンエイジ・シンフォニー」。遂に出た『スマイル』のオリジナル盤。何と44年の歳月を経て。当然ながらここにはオリジナルのオーラが漂っている。

04年にリリースされたブライアン・ウィルソン版の『スマイル』を聴きながら昨日は過ごしたが、そこでの突き抜けた明るさとまた違った悲しみが滲み出てくる。細野晴臣がビーチ・ボーイズを聴き直していた際に語っていた悲しさがやはり何とはなしに漂っていて涙無しには聴けないが、とはいえ押し出されてくるのは煌めくような品の良さと美しさだ。

果たして66年から67年にこの作品が出て世の中は変わっていたのだろうか。幻として語られる伝説が作品を、というよりその影響を過大に増幅していることは想像に難くない。何となく暗いしね。でも複雑にモジュール化されたパーツで成り立つ交響楽のような曲群を耳にしていると、やはり何らかの大きなものを感じずにはいれない。『英雄と悪漢』はかなり変わった曲ではあるがやっぱり綺麗だし、NO.1ヒットの『グッド・ヴァイブレーション』も入っている。

代理でリリースされた『スマイリー・スマイル』を久々に聴くとかなりサイケデリックに聴こえるが、そこでの狂気はオリジナルの『スマイル』では美しいベールに包まれている。音が単純にいいのも原因かと思うが、当時決まっていなかったとされる曲の全体構成が04年のブライアン版リリース時点で整理されたことも大きいだろう。ヴァン・ダイク・パークスが思想面で大きく関わったアメリカの歴史といったテーマ性。随所に散りばめられるクラフトマンのようなSEが語りかけるものはアメリカの片田舎の日常や風景だ。こいつは大きく歴史を変えるというより日々の営みを反映した郷愁を誘う。

何となく源氏物語や日本書紀みたいなものかな。歴史絵巻のような神々しさを感じる。『ペット・サウンズ』にあった美しさとはまた別の趣があってやっぱり引き込まれる。しかもこれが重くない。その後ハイラマズが継承していくバンジョーに導かれたのどかな風景がそうさせているのか。

聴いていてわくわくしてしまうのはやはりその後断片的にリリースされていった曲群、『Cabin Essence』『Surf’s Up』『Wind Chimes』といった作品が全体の中にきちんと位置付けられていることだろう。全体としてひとつの作品に仕上げられているので単一の曲だけで語ることは難しいが、コーラスを基軸に奏でる音楽としてひとつの完成形を世の中に提示していることは間違いのない事実で、その後に与えた影響は未完成品の段階でありながら絶大だ。『スマイル』の亡霊を追いかけてその世界観を音や言葉で綴ってきた数多の人々に決着をつける今回のリリースは誰が何と言おうが意味があるし、決して失われない歴史だ。その後の悲しいエピソードが増幅する伝説感を抜きにしても。

でもって今回買ったのは2枚組のデラックス・エディション。作品として聴くなら1枚もので充分かとも思ったが、そこは敬意を表して。制作過程をつぶさに追う究極のボックスセットは研究家やマニアにお任せするとして、今はその美しさと苦労談に耳を傾けてみよう。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !